靴職人入門コース

靴職人入門コース

この「靴職人入門コース」は、靴づくりを経験したことのない未経験の方を想定した職人養成講座です。昨年度3期実施した「靴職人養成講座」から名称を変更し、3ヶ月から4ヶ月へと時間数が増え、インターンシップとして企業内での実習のプログラムを追加しました。
「手に職を」「違う業界に転職してみたい」「ものづくりの仕事に就きたい」など進路を悩まれている方、ぜひ新たに「靴づくり」の仕事にチャレンジしてみませんか?
期間は4ヶ月間、受講料は無料となります。職業訓練として、未経験から基本的な知識・技術を学ぶには最適なコースとなっています。

企業が作る事業協同組合が主催する職業訓練なので、「訓練」と「現場」までの距離も近くコース設計が一貫しているので、その先の進路の繋がりやすさも高いことは勿論、授業に通いながら具体的な進路相談をすることも可能です。またその「現場」から講師が集まっているので、実務経験豊富な職人講師から現場で必要となる製靴技術を基礎からしっかりと学ぶことができます。

3つの特徴
3つの特徴

訓練概要

4ヶ月で製靴の基本的な技術・知識を学び、シューズメーカーでの就職を目指します。縫製技術を中心にしながら、全体の工程も学べる内容となっています。実習の中ではただ単に作るだけではなく製造時の量産をシュミレートした反復トレーニング、チームメイキングなども行います。
また、合計2週間のインターンシップ(企業内実習)も期間中に実施しますので、実際の現場をイメージしながら学ぶことができます。

■製靴実習A(シューズメイキングA):102時間

製靴に関する基礎技術を習得するための実習。
ミシンを始めとする機械の使用方法・縫製練習を中心とした実習。
裁断・革漉き・縫製・靴のデザイン毎の縫製手順を身につける。(8~10デザイン程度)
インターンシップ(企業内実習)を含む。

■製靴実習B(シューズメイキングB):102時間

つりこみ、底付け・仕上げ等・縫製後の基礎技術を習得するための実習。
縫製のテクニックバリエーションの実習。
最終的に自分のパターン、縫製のものを仕上げる。
インターンシップ(企業内実習)を含む。

■生産実習(マスプロダクト トレーニング):102時間

量産時に必要とされる技能を習得するための実習。
主にミシンのスピードアップ、量産時の再現性を習得するためのトレーニング実習。
同じデザインを複数制作する実習。
実習後半からはチームに分かれて課題を行う。
インターンシップ(企業内実習)を含む。

■パターンメイキング:90時間

基礎型の型紙講習。
靴の基本となるパンプス、外羽根、内羽根、モカシン、サンダル、ブーツ、6型のパターンメイキング。
デザイン画講習。

■座学・特別授業:102時間

靴・足にまつわる基礎知識やビジネススキル等。
協力工場などでの見学、インターンシップ(企業内実習)を含む。

募集内容

靴職人入門コース(第4期)

講座期間 2019年4月1日(月)~8月7日(火)(498時間)
時間は毎日09:30~16:30
*土日祝は原則休み。ただし企業見学が土曜日に入ることもある。
募集期間 2019年1月7日(月)~2月13日(水)
費 用 無料(交通費は各自でご負担ください)
定 員 6名
対 象 4ヶ月間の訓練の全日程に通える方
靴職人としての就職を希望している方
場 所 シューカレッジおおさか
大阪市浪速区浪速東1-4-17
選 考 1次選考/書類審査
2次選考/面接(2月21日(木)午後に実施)
応募はこちらの応募申込書を下記事務局まで郵送でお送りください。
締 切 2019年2月13日(水)必着
事務局 A´ワーク創造館
大阪市浪速区木津川2-3-8
電話/06-6562-0410(梅山)
Mail/info@shoecollege-osaka.jp

 

説明会

「シューカレッジおおさか」の学校について、また「靴職人入門コース」について、カリキュラムや訓練内容、身につくスキル、業界概要、就職までの流れなどについてご説明します。

開催期間 2019年1月25日(金)19:00〜21:00
2019年2月 2日(土)14:30〜16:30
2019年2月 8日(金)19:00〜21:00
会場 シューカレッジおおさか
大阪市浪速区浪速東1-4-17
JR環状線「芦原橋」駅 南出口すぐ〈駅高架下〉
参加方法 お電話、またはメールにてお申し込みください。
電話/06-6562-0410(梅山)

 

下記フォームからもお申し込みいただけます。