浪速区・西成区は革のまち

シューカレッジはJR環状線「芦原橋」駅の高架下にあります。

芦原橋は大阪の方でもなかなか馴染みのない方も多いかなと思います。

浪速区という、なんばや日本橋などと同じ区でありながら、

他の地区と比べるとあまり開発の進んでいないまちでもあります。

しかしここ数年、「芦原橋アップマーケット」「Salt Valley」などの

面白い取り組みに加えて、戸建ての住宅やマンションも増えるなど、

賑わいが徐々にできつつあるまちです。

シューカレッジの入る、駅の高架下の「ステーションプラザ」も

シャッターの降りているお店も多いのですが、

実はこの中に革のお店があと2つもあります。

1つは「Leather Works Collaborations」さん。

鞄などを中心に製作されています。

もう1つは「シューネクスト」さん。

靴づくりを担う人材養成から、初心者向けの靴づくり講座などもされています。

そしてシューカレッジが3軒目。

徐々にレザーストリートのような場所になりつつあります。

シューカレッジは靴職人の養成スクールでもありながら、

地域の地場産業である「革産業」を盛り上げていくこと、

またそれを通じてまちが元気になればという想いで立ち上がったという側面も強くあります。

単なる学校ではない、地域や業界をあげて未来を見据えたチャレンジングなプロジェクトです。

そんな新しい取り組みに立ち会ってみたいという方のご応募、お待ちしております!

一緒にものづくりの未来を芦原橋で作りましょう~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です