日本唯一の靴づくりの公共職業訓練「製くつ科」

日本唯一の靴づくりの公共職業訓練「製くつ科」が東京にあります。

昨年6月の豊岡視察に続いて、その東京にある「製くつ科」にも視察でお伺いさせていただきました。「製くつ科」は1年間の職業訓練で、東京都立城東職業能力開発センター 台東分校で実施されている40年以上も続く伝統あるコースです。「履物」の日本での中心的な場所となる浅草にその学校はあります。日本の中でもここにしか公共職業訓練としては存在しないので、毎年全国からたくさんの方が集まって、結構な倍率になるそうです。

【東京都立城東職業能力開発センター 台東分校】
https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/vsdc/taitou/index.html

とはいえ、「公共職業訓練」ではない、民間運営の靴の学校は他にも大阪や神戸など、いくつか存在しています。今回のシューカレッジの「靴職人養成講座」も「公共職業訓練」ではない一般の職業訓練となります。

もちろん業界の組合が主催しているので公的な性格はあるのですが、制度的な違いがあります。公共職業訓練を受講する場合に、失業保険の給付が前倒しされたり、条件次第で「職業訓練受講給付金」という制度が使えたりということがありますが、「靴職人養成講座」は公共職業訓練ではないのでこういった制度は使うことができません。逆に言うと、元々失業保険の給付を受ける場合になっていてもそれを妨げるものでもありません。そのあたりの制度的なことについても、お気軽にお問合せくださいね。

最後の2/12(月・祝)の説明会はたくさんの予約が入りはじめてきました。お申込みはぜひお早めにお願いします。